流行モノ最前線!何でもランキング!

流行モノ中心!これさえ押さえておけば間違い無し!

*

関西出身の人が関東で暮らしていて嫌だと思うこと

      2016/04/16

関西出身者が関東で暮らして思う嫌なこと

新生活

毎年春頃になると新生活が始まり、首都圏には地方から吸い寄せられるように人が集まってきます。

地方から都心に引っ越してきて、関東での新しい生活には馴染めないと思う方も多いことでしょう。

今回は関西人が関東で暮らしていて嫌だと感じることを集めてみました。

スポンサーリンク

【1位】家賃が高い

家賃が高い

関東で暮らし始めてから首都圏の物件は地元よりも家賃が高い!と思う人が最も多いようです。
確かにワンルームで5万台はあり得ない?

【2位】話にオチがない

話にオチがない

関東の人間と話しているとオチがなさ過ぎてやや退屈に感じる関西出身者も多いよう。
でも関東出身者にしてみれば「そんな、芸人じゃあるまいし……」と理不尽に感じるかもしれませんね。
土地柄から生じる価値観の違いのひとつでもあります。

【3位】人との距離が遠い

飲み会

都会の人間関係はドライだと感じている人も多いようです。中には「同窓会?何それ?」なんて首を傾げる人も……。
確かに、地方の深く狭い人間関係の中で生きてきた人にとっては非常に淡泊にみえるでしょうが、首都圏でも温かみのある情に厚い人は少なからずいますよ!

【4位】地下鉄が複雑

地下鉄が複雑

東京メトロなんてまるで地下神殿のよう。こればかりは関東出身者と言えど、たまに解らなくなる時があります。

【5位】「面白いことを言う」と期待される

面白い人

「あの人は関西出身だからトークが面白い!」

いきなりそんな先入観を抱かれてはハードルが上がってしまいプレッシャーに感じてしまう、という関西出身者も少なからずいるようです。

 

他にも感じることが多い

他にも、感じることは多くあります。

・人が多い

・居酒屋が高い

・土曜日にテレビで吉本新喜劇が見られない

・ノリ突っ込みができない

・関西弁を喋っていると目立つ

などなどの由々しき意見が多数。
トークや金銭事情に関することだったり「ココが変!」という、もっともらしい意見が出るわ出るわ…です。

私自身は関東育ちですが、地元で生活していても家賃や居酒屋の料金設定は高いと思いますし、人間関係は希薄の一途を辿る一方だとも痛感します。

しかし、流行の最先端でもあり発信地であることは揺るぎない事実なので、このランキングも受け止めつつなんとか明日からもこの関東で幸せな生活を手に入れるための努力を続けていきたいと思っております。

理不尽に感じる点は多いですが、何とか妥協点を見出して新生活を頑張ってほしいと思います。

 - 生活 ,